Grab"A"3rdライブ脚本を担当しました

ブログにまとめるのがすっかり遅くなってしまいましたが……

2019年4月27日(土)新宿角座にて、

スーパーエキセントリックシアター所属の7人組男性ユニット

Grab"A"(グラバ)3rdライブの脚本を担当いたしました。

演出はとても信頼している劇団SETの大関真さんなので

心配いらないと思っていましたが、あーでもない、こーでもないと

スタッフさんに相談しまくりでグズグズ台本をこじらせてしまっていたので

本番を迎えるまでドキドキでした。が…

めちゃくちゃ楽しかったです…!

DRBの誕生は奇跡だった!(あの瞬間のことは忘れない・笑)

グラバの全力全開のパフォーマンスにはグッときたし、

お客様のたくさんの笑顔と笑い声に包まれて幸せな時間でした。

これはグラバに限らずですが、キャストが真剣に、

そして何よりとっても楽しくお芝居をしている姿を見ると、

舞台っていいな、また書きたいな、次はもっともっといいホンを…と毎回思います。

平成最後のタイミングで、お客様の反応を直に感じられる

舞台脚本に関われたこと、とても幸せでした。

ご来場くださいましたグラバメイトの皆さま、ありがとうございました!